FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉が足りない、ということがないように

よく、恋人から「言葉が足りない」と言われたりしませんか。
異性であるからこそ、
感覚的に通じない部分というものが存在します。
どうして通じないのだろうと首を傾げる回数を増やすよりは、
言葉で伝えてしまえば同じことは起こりません。
恋人だから何でもわかっているだろうという自信を持つより、
相手への配慮を先に考えた方がいいですね。

何も言わなくても通じ合える関係に憧れる方もいますが、
恋愛関係の間にそうなれるとは限りません。
それはお互いが相手に盛大に甘えているだけで、
実は迷惑をかけていることに気付いていないだけとも言えます。
些細なケンカが多いカップルは、
普段の会話から足りないと感じるものを出しあってみましょう。

言葉が足りず、ケンカが続いてしまうようでは、
素敵な出会いも色あせてしまいます。
そのうち、よいお付き合いだったはずが形を変え、
距離を置くことになりかねません。
そうなる前に、お互いの気持ちを言葉にして伝え、
男性だからこそ気づくこと、
女性にしかわからないことを相手に教えてあげましょう。

育った環境の違いも関わりますが、
異性を本当に理解出来るかどうかは難しい問題です。
ですが、自分が深く理解すればよいのは恋人だけですので、
視野を他の誰かにまで広げる必要はありません。
他の誰かとの出会いは求めていないはずですので、
恋人をただ観察するだけではなく、
言葉を交わして自分が気付かなかったことを
知識として頭に入れるといいですね。












恋愛・結婚
スポンサーサイト

theme : 恋愛・出会い
genre : 恋愛

話し合わないと通じ合えない

異性だから生まれる考え方がもとで、
気持ちのすれ違いを起こした経験のある方は
少なくないと思います。
男性は女心の理解に苦しみ、
女性は男心の理解に苦しむものです。
付き合う相手が違えば、
またその基準も変わってしまうため、
元彼女、元彼の時のことはあまり参考に出来ないので、
新しい出会いがあれば、
またそこからスタートすることになります。

もちろん、
どちらも元彼女や元彼と比べられることを嫌うはずですので、
会話の中でそれに触れることはよくありません。
そこは数少ない共通点と言える部分ですので、
そこを踏まえてその違いを考えておくと、
些細なケンカを減らすことが出来ますし、
すれ違いも少なくなります。
もちろんそれには、話をすることが大切なのです。

自分はこういう人間である、ということを伝えるには、
言葉が何よりも重要になります。
周りからの評判や態度だけで、
その人の性格や人間性は計ることが出来ません。
その上で、お互いに気持ちを通わせることも
少し難しくなります。
コミュニケーションの中心にあるのが会話ですので、
わかりやすく違いを伝えることを意識しましょう。

どちらも好きな相手に「理解されたい」という欲求があります。
だからこそ、その「理解されたい」と、
その反対にある「理解して欲しい」という気持ちを
くみ取れるような会話をすることが大切なのです。
その欲求の大きさが同じ相手と出会いがあれば、
スムーズにお互いの相互理解を進められるので、
楽しく気持ちを恋愛へ切り替えられます。











恋愛・結婚

theme : 恋愛・出会い
genre : 恋愛

05 | 2015/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

☆☆MARU☆☆

Author:☆☆MARU☆☆
出会いをしっかり物にするために恋愛や結婚についてポイントをまとめてみました☆

フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。