過去は振り返らない

恋人との交際が順調でも、
距離感の取り方で悩んでいるという人も
少なくないのではないでしょうか。
例えば、過去に辛い恋愛経験をしたことがある場合、
相手を信頼するのが怖いという理由から、
なかなか距離を上手く縮められずにいるという人もいるでしょう。

そんな人は、「過去は過去」と割り切ることが大切です。
過去に辛い恋愛をすれば誰だって慎重になるものです。
「もう、あんな思いをしたくない」と思えば、
どんなに素敵な出会いをしても、過去の辛い思い出から
なかなか相手に心を開けないこともあるでしょう。
しかし、現在の恋人は
過去の辛い思いをさせた相手ではありません。
怖いと思う気持ちは分かりますがそのまま交際を続ければ、
今の恋人に「どうして心を開いてくれないのだろう」
と寂しい思いをさせてしまいます。

同じ失敗を繰り返したくないのは分かりますし、
誰でもそう思うものです。今の恋人を信じるよりほかはありません。
気持ちを割り切れれば、相手のことももっとよく見えてくるはずです。
改めて気付く魅力などもあるでしょう。そうすれば、
相手のことがどんどん好きになり、
過去の辛い思い出も自然と忘れられるでしょう。

過去の経験を生かすことは大切ですが、
過去の経験に引きずられるのは意味がありません。
相手が変われば、これまでとは全く違う恋愛が出来るはずです。
過去を振り返るのではなく前に進みましょう。
そうすることで、自分が理想とする恋愛に近付いていけて、
幸せが見えてくるはずです。





-恋がうまくいく距離感-





恋愛・結婚
スポンサーサイト

theme : 恋愛・出会い
genre : 恋愛

近ければ良いわけではない

恋人との交際をこの先も
ずっと続けたいと考えている人の中には、
「不安だから毎日でも会いたい」
「毎日連絡を取っていたい」
と考える人が比較的多いようです。
確かに、常に連絡を取り互いの状況を把握していれば、
安心は出来るでしょう。
しかし、このことを求めすぎると
相手を追いつめてしまうこともあるため、
注意が必要です。

出会いを経て交際出来た恋人と
良好な関係を維持したいと考えている人の中には、
その思いが強いことから、
常に連絡を取り合っていないと
不安を覚える人もいるようです。
例えば、過去に浮気されたり
裏切られたりした経験があると、
それらがトラウマとなって
このような行動を起こしてしまう人もいるでしょう。
しかし、頻繁に連絡を取り合うことが
相手にとって重荷になっていることもあるのです。

交際間もない頃には「愛されているから」
と相手も思うかもしれませんが、
交際がある程度落ち着いてくると、
二人の間の距離感を見極める時期に突入します。
その際に、重荷になっていると感じてしまえば
相手はどんどん距離を広げ、
恋人の存在自体に抵抗を感じてしまうでしょう。
そうならないためには相手を信頼して、
ある程度の距離を置いた付き合いをすることが求められます。
距離を置けるということは、
お互いに信頼をしているということですから
自分が選んだ相手を信じましょう。

恋愛をうまく進めるためには、
お互いの距離感が近ければ良いという訳ではありません。
一定の距離を置ける間柄ということは、
それだけ二人に信頼関係があるということだと
しっかり理解できていると、
交際も順調に続けていけるはずです。




-恋がうまくいく距離感-





恋愛・結婚

theme : 恋愛・出会い
genre : 恋愛

距離感の取り方

恋人に依存してしまう人は、
相手の気持ちを考えずに
距離感を縮めようとしてしまいます。
近づけば近づくほど相手の心が離れ、
結局振られてしまう人も少なくありません。
もっとスマートで上手な恋愛をしたいと思っている人は、
恋人との距離感の取り方を考え直しましょう。

恋人というと、「誰よりも大切な存在」と
位置づけている人も多いのではないでしょうか。
大切だからこそお互いに守り合っていかなければならないと
頑なに思ってしまっていることはないでしょうか。
しかし恋人だからといって
相手が望んでいないことを一方的にしてしまうと、
相手の心はどんどん離れていってしまいます。
恋人に依存しやすい人の多くは、
恋人が出来ると「恋人のことを全て知りたい」
「常に恋人の行動を知っていたい」
という強固な思いを抱きます。
そして、恋人が生活のすべてにおいて中心となってしまいます。
このような恋愛を好まない人が恋人の場合には、
相手のこのような姿勢を目の当たりにし、
「もっと距離を置きたい」と思うはずです。

反対に、恋人に依存しない人にとって恋人は
大切な存在であっても生活の中心ではないはずです。
ですから、相手が踏み込んで欲しくない
パーソナルスペースにまで距離を縮めようとすると、
相手の存在が窮屈に感じてしまうのです。
そして、恋人の愛情を重いと感じ、
結局は破局になってしまうかもしれません。
そうならないためにも、
愛情は押しつけ過ぎないことが大切なのです。
一定の距離を保ち、
相手の重荷にならないように心掛けましょう。

恋愛がうまくいかないと感じている人は、
出会いを経て交際に至った恋人との親密な距離感の取り方を
間違えてしまうのかもしれません。
特に、恋人に依存しやすいと自分で自覚できている人は、
相手の気持ちを最優先に考えながら
良好な関係を築いていくようにしましょう。




-恋がうまくいく距離感-





恋愛・結婚

theme : 恋愛・出会い
genre : 恋愛

01 | 2018/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

☆☆MARU☆☆

Author:☆☆MARU☆☆
結婚式の二次会は出会いの宝庫、しっかり物にするためにポイントをまとめてみました☆

フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR